ワイド馬券で勝つ方法


三連系の馬券や馬連、馬単などよりも難易度が低いワイド馬券について解説します。競馬初心者の方や女性にも人気の馬券がワイド馬券です。

ワイド馬券は配当が高くないですが、ワイド馬券だけで利益を出している人もいます。その様な人達は、いったいどんな買い方をしているかを解説します。

ワイド馬券とは?

ワイド馬券とは、3着以内に入る馬のうち、2頭を当てる事が出来れば的中出来る馬券になります。

三連単や三連複は3着以内はいる馬のすべてを当てなければなりませんが、ワイド馬券は2頭だけを的中させれば良いのです。

馬連や馬単、三連系の馬券よりも高い的中率があるので、競馬に慣れていない人に人気があります。

16頭立ての的中率は2.5%で、馬連の3倍の確率で的中出来ます。その分配当は馬連の3分の1程度と低めの配当です。

ワイド馬券の魅力

ワイド馬券は毎回のレースで必ず3通りの馬券が的中します。3着以内に入る2頭を当てれば良いという事は以下のワイド馬券が必ず的中します。

  • 1着と2着
  • 1着と3着
  • 2着と3着

3通りの的中馬券が存在するという事は、この3つとも同時に的中させる事が可能です。いわゆるトリプル的中を狙うことが出来るのが最大の魅力といえるでしょう。

トリプル的中を狙う買い方

ワイド馬券のトリプル的中を実現させるには、必ずボックス買いをする必要があります。例えば5頭BOXで購入する場合は10通りの買い目点数になります。

もしこの5頭のうち、3頭がすべて3着以内になった場合にトリプル的中が実現でき、一気に回収率をアップさせる事が出来ます。

ダブル的中を狙う買い方

トリプル的中はワイド馬券の最大の魅力ですが、ダブル的中の買い方もあります。

それは、軸馬を決めて流し馬券にすればダブル的中の可能性があります。例えば軸馬にした馬が3着以内に入り、残りの2頭が軸馬の相手に指名した馬が来れば軸馬+相手が二通り的中する事になります。

トリプル的中とダブル的中のどちらを狙うべきか?

トリプル的中とダブル的中のどちらが良いかと言えば、もちろんトリプル的中の方が理想だと思います。

しかし、トリプル的中を狙う場合はBOX買い、ダブル的中の場合は流し馬券の買い方になるので、買い目点数が違ってきます。

5頭BOXだと買い目点数は10点、1頭軸の5頭流し馬券の場合は買い目点数が5点になります。

もし、3着以内に入る確率が非常に高いと思える馬がいる場合には、その馬を軸にして5頭流しのダブル的中を狙うやり方の方が良いと思います。

買い目点数が5点に絞れるので、掛け金をBOX買いの2倍にすればダブル的中になったとしても、トリプル的中になったときより払戻金が高くなるからです。

ワイドは三連系への登竜門

そもそもトリプル的中を実現する事は、3着以内に入る馬すべてを的中する事なので、三連複を的中させる事と同じです。

ワイド馬券で的中出来る人は、3着以内に入る馬のうち2頭を当てる事が出来るので、三連複でも的中させる事が出来る人だと思います。

もし、ワイド馬券に自信が付いてきたら、三連複や三連単の高配当が狙える馬券にも挑戦して欲しいと思います。

ワイド馬券の狙い所

ワイド馬券の購入を検討する場合、人気馬ばかりで馬券を購入することはオススメ出来ません。人気サイドだけだと配当が非常に低いからです。

的中率は上がりますが、毎回的中するわけではないし、長期的な回収率は思ったほど上がらないと思います。

逆に大穴ばかりで馬券を構成する事もダメだと思います。的中率が極端に下がりますし、これはこれで長期的な回収率も良くならないと思います。

それに大穴サイドのワイド馬券を購入する人が意外に多いので、オッズよりもさらに確率が低くなるからです。

私自身が一番良い方法と思えるのは、人気馬と人気薄の組み合わせでワイド馬券を買う事だと思っています。

例えば2番人気と7番人気、1番人気と5番人気、3番人気と6番人気など、比較的人気の馬と中穴人気の馬の組み合わせが一番回収率が安定する様に思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です