複勝馬券で勝つ方法


競馬の馬券の中で、もっとも的中率が高いのがこの複勝馬券です。自分が選んだ1頭が3着以内になれば的中するという単勝馬券と同様、初心者の方にもとても優しい馬券です。

しかし、この複勝馬券は一度に何十万や何百万を賭ける人もいるくらいドラマチックな馬券でもあるのです。

複勝馬券の長期的な回収率は?

複勝馬券は、最も的中率が高い馬券ですが、その分配当も一番低くなります。例えば1番人気の馬の単勝オッズが2倍だとすると複勝オッズは1.1から1.3倍位となります。

ギャンブルを楽しんでいる人から見れば、1.1倍の配当なんか何の魅力も無いように思えると思います。しかし、競馬初心者の方や女性からは高い人気がある馬券です。

特に女性は現実主義者なので、今手元にある現金を失いたくないという心理が強くなります。そうなると一番確率が高い馬券を選ぶ傾向になります。

もちろん慣れてくれば三連単の様なギャンブル性の高い馬券も購入するようになりますが。

しかし、競馬で最も重要なのは的中率ではなく回収率なのです。

競馬を始めて最初の頃は的中率を重視する傾向が強くて、人気サイドの馬ばかりの馬券を買いますが、それだけでは長期的な回収率を上げることは難しいと思われます。

複勝馬券も人気馬ばかりを購入していると、徐々に手持ち資金が減っていく確率が高いです。

人気馬の複勝馬券は購入している人が大勢いるので、少数派の勝ち組よりも多数の負け組になっていくと思います。1番人気の複勝率は6割を超えていますが、それでも10回のうち4回はハズレてしまうのです。

競馬で勝ち組になるには発想の転換が必要です。詳細は「競馬で勝つ為には心理戦に勝利する心構えが必要」もご参考にしてみてください。

複勝馬券はオッズの歪みが少ない馬券なので、長期的な回収率を考えると魅力的には思えないので私はあまり買わないです。しかし、一度に何十万円も投資できる人には密かに人気な馬券でもあります。

複勝に50万円賭けて負けた人

先日、ユーチューブで偶然見つけたのですが、2014年の春の天皇賞でゴールドシップの複勝に50万円を掛けた若者の一喜一憂した動画を拝見しました。

この若者は、ゴールドシップの複勝に50万円という大金を掛けて、そのレースの一部始終を生中継していたようなのです。

スタート前は余裕の表情だったのですが、スタートでゴールドシップが大きく出遅れ、空気が一変します。

大きく出遅れたゴールシップは最後方を走っていて、レース終盤から追い上げたのですが、結局3着以内に入れませんでした。

この時のゴールドシップの複勝オッズは1.4倍だったようで、50万円でも的中すれば70万円にもなったのです。

このように複勝馬券は的中率が高いことに目を付けて大金を投じる人がいます。もしお金を沢山持っていて、50万くらい捨てても平気な人には面白い馬券だと思います。

私はその様な大金を一度に賭ける事が出来ないので、オッズの歪みを利用して三連複馬券が多いですね。「的中率を上げる三連複馬券の買い方」でフォーメーションを理解してからは頻繁に三連複フォーメーションを活用して、回収率も100%を超えています。的中率も悪くないです。

【PR】プロが買うジャパンCの3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【ジャパンC・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です