河原町ステークス(2016年2月7日)を勝手に予想してみる


2016年2月7日に京都競馬場のダート1400Mで行われる河原町ステークスを予想してみましょう。下記の出走リストは12頭になっています。このレースは1600万クラスですが、前走で1000万クラスで勝った馬が4頭おり、人気が割れる可能性のあるレースだと思われます。

河原町ステークスの出走リスト

河原町ステークスの過去の傾向

直近5回の河原町ステークスのレース結果を見ると、5回全てに1番人気が連対しています。2番人気や3番人気の馬も馬券になっているので、固いレース傾向にあります。

昨年のレースで12番人気の馬が2着になっていますが、それ以外では7番人気以降の馬は馬券になっていません。

河原町ステークスの過去のデータ

逃げ馬や先行馬が有利

脚質別ではダートという事もありますが、前で競馬する馬の方が明らかに有利だと思います。距離も短いし、後ろで競馬して勝てるとすればよほど力のある馬しか無理だと思われます。出走表の脚質を参考にして逃げ馬や先行馬を中心に選ぶ方が良いかもしれません。

騎手では藤田伸二騎手と相性が良い

直近5回の騎手の成績を見て見ると、藤田伸二騎手が2回馬券に絡んでいます。その他には特に目立った偏りはないです。

血統ではブライアンズタイムとマンハッタンカフェ

種牡馬別ではブライアンズタイムマンハッタンカフェが2回ずつ馬券になっているので、オススメだと思います。今回の出走リストでは「アルボナンザ」の母父がブライアンズタイムですね。

同じレース条件で強い血統は?

河原町ステークスと同じ条件の京都競馬場のダート1400Mで1600万クラスとOPクラスに限定し、2010年以降のデータを見ていきましょう。

まず種牡馬別ではクロフネ、エンパイアメーカー、ケイムホームの成績が良いです。単勝回収値も高く、期待できると思います。今回のレースでは「ラテンロック」がクロフネ産駒です。ラテンロックの母父もフサイチペガサスという良血なので、マークした方が良いかもしれません。

種牡馬別成績表

同じレース条件で相性の良い騎手は?

騎手別の成績では、福永祐一騎手、和田竜二騎手の成績が良いです。川田騎手の複勝率と単勝回収値は魅力だと思います。

騎手別成績表

先ほど、藤田騎手は河原町ステークスとの相性が良いと書きましたが、同じ条件のレースでは成績があまり良くないようです。河原町ステークスだけ相性が良いみたいです。

馬場が悪いときは?

馬場状態が悪くなったときは、ゴールドアリュールやアフリート産駒が期待以上の走りをしてくれます。スタチューオブリバティやアジュディケーティングの血が入っている馬も良い走りをしてくれるでしょう。

馬場が悪いときに強い種牡馬

同時期に開催されるレースの予想

同時期に開催される他のレースの予想もしていますので、良かったらご覧下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です