京阪杯(2017年11月26日)を勝手に予想してみる


11月26日に京都競馬場の芝1200mで開催される、第62回京阪杯(G3)のデータ分析をしていきたいと思います。

今年は3歳世代からはジューヌエコールが参戦を予定しています。さらに今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイ、同じ京都1200mのオパールステークスを制したソルヴェイグ等も参戦予定です。

現時点では18頭が暫定登録されています。

2017年の京阪杯の暫定出走リスト

京都芝1200mのコース解説

京阪杯では京都競馬場の芝1200mコースが使用されます。内回りと外回りコースがありますが、1200mでは内回りを使用します。

外回りコースよりも、最後の直線は約80mほど短くなります。

京都競馬場の立体コース図

引用:JRA

内回りで直線が短いので、先行出来る馬や内枠の馬の方が有利なコース設定となっています。

勝ち時計のデータ

2017年の京都芝1200の勝ち時計の記録は、最も早いのが1分7秒3、最も遅いのが1分10秒0です。

ちなみに今年の1月のシルクロードステークス(G3)の勝ち時計は、1分7秒5でした。

レース当日の馬場予想

京都競馬場の週間天気予報

水曜日と木曜日に多少の雨が降るようですが、金曜と土曜は雨が降らずに日曜日は曇り予報になっています。

レース当日の馬場状態は、おそらくこの予報通りだと良馬場になる可能性があります。しかし、今の京都の馬場は最近の不良馬場の影響が残っていると思うので、パンパンの良馬場ではなく、少し力の要る良馬場という予想。

京阪杯の過去の傾向

京阪杯の過去の傾向

内枠がかなり有利

過去10回の京阪杯の枠順別の成績です。これを見ると、1枠から3枠までは二桁の勝率があります。

連対率や複勝率を見ても、4枠、5枠から内枠の方が全体的に成績が良く、6枠から外の枠ではかなり厳しい結果になっています。

過去10年の京阪杯の枠順別の成績

京都の1200mは内回りのコースで、スタートが向正面の真ん中辺りからになります。やはり、外枠だと距離ロスが明らかなので、同じ力の馬だと明らかに内枠の方が有利でしょう。

下級クラスになると、このデータはもう少し平均的なデータになりますが、重賞レースになると比較的接近した力量の馬同士のレースなので、距離ロスの有無は成績に直結する重要なファクターになります。

短距離は逃げ・先行馬を軸に

脚質別の成績も見てみましょう。やはり逃げ・先行馬の回収率が非常に高いです。

過去10回の京阪杯の脚質・上がりタイム別の成績表

逃げ馬は過去10回で3勝、先行馬は6勝とスタートが上手で前のポジションをとれる馬を軸にすべきだと思います。

特に逃げ馬の単勝回収率は400%を超えており、人気が無い逃げ馬でも印を付ける勇気が必要でしょう。

上がりタイム別では、上がり3Fが最速の馬でも過去10回で1勝とそれほど上がりタイムを気にする必要は無いと思います。

上がりタイムは速い時計を持っているに超したことはないですが、上がりタイムよりもスタートが上手な馬を優先した方が良いと思います。

栗東の馬&騎手が良い

京都なので、美浦所属よりも栗東所属の方が確率が高い。

所属別の騎手成績の違いは明らかで、美浦所属の騎手は過去10回で0-0-1-21/22と殆ど馬券になっておらず、栗東は9-9-8-114/140と美浦の騎手よりも優勢な状況です。

騎手の栗東・美浦の地域別の成績

所属別の騎手成績

調教師の所属別で見ても、美浦は1-1-1-35/38ですが、栗東は9-9-10-107/135と圧倒しています。

馬の栗東・美浦の地域別の成績

所属別の調教師成績

この2つのデータからも、栗東所属の騎手で、栗東の馬に乗っている人に評価を上げる事が良いでしょう。

スピード指数で比較

TARGERのZI指数で比較

TARGETの指数を見ると、125を出しているメラグラーナがトップで、次に124のヒルノデイバロー、121のナックビーナス、120のソルヴェイグという順番になっています。

TARGERのZI指数で比較

KLANのスピード指数で比較

KLANの指数では、91を出しているセイウンコウセイが1位、次に89のヒルノデイバロー、88は2頭いて、アットザシーサイドメラグラーナ、87も2頭でナックビーナスビップライブリーとなっています。

KLANのスピード指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズです。

2017年の京阪杯の予想オッズ

この予想オッズでは、ソルヴェイグが2.3倍でトップ。次にアットザシーサイドセイウンコウセイメラグラーナジューヌエコールヒルノデイバローと続いています。

まとめ

京阪杯の予想で大事なポイントは以下の通りです。

  • 内枠有利
  • 逃げ・先行馬の回収率が高い
  • 騎手・調教師ともに栗東所属の方がかなり確率が良い

以上の3つの大きなポイントをおさえるべきだと思います。とにかく枠順が発表されてから、最終的な予想の結論を出したいと思います。

馬券戦略

※11月25日14時更新

今週はジャパンカップがメインですが、この京阪杯も馬券を買ってみようと思っています。

逃げ・先行馬が有利な事や、内枠が有利な事を考慮して印は以下の様になりました。

  • ◎⑤ヒルノデイバロー
  • 〇⑦ソルヴェイグ
  • ▲④ネロ
  • ▲⑥ビップライブリー
  • ☆⑪フィドゥーシア
  • △②ラインスピリット
  • △⑮アットザシーサイド
  • △⑯ジューヌエコール

内枠の先行脚質を比較的重い印にしました。馬券の買い目は、⑤⑦-④⑤⑥⑦⑪-②④⑤⑥⑦⑪⑮⑯の三連複フォーメーション30点各100円で勝負です。

皆さんも良かったら参考にしてみてください。

予想結果とレース回顧

※11月26日17時更新

さきほど京成杯が終了しました。結果的には本命対抗ともに着外になり、予想をはずしてしまいました。

ネロは馬券の可能性は結構あるのではないかと思っていて、実際に素晴らしい走りだったのですが、ソルヴェイグもダメだったし、ヒルノデイバローのスタートを見たときに嫌な予感をかんじてしまいました。

ジャパンカップもガミッたし、来週のチャンピオンズカップは大きく儲けたいですね!

【PR】プロが買う阪神JFの3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【阪神JF・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です