雲雀ステークス(2016年2月14日)を勝手に予想してみる


2月14日に東京競馬場の芝1400Mで開催される雲雀ステークスを予想してみましょう。1600万クラスで、東京の芝では最も短いコースで行われます。

現時点では騎手は決まっていますが、枠番はまだ決まっていません。出走リストには16頭が予定されています。

雲雀ステークスの出走リスト

雲雀ステークスの出走リスト

雲雀ステークスの過去の傾向

直近5回のレースでは1番人気は2回しか馬券になっていないです。人気薄の馬も3着以内にくる可能性が十分あるレースではないでしょうか。

雲雀ステークスの過去の傾向

雲雀ステークスの過去の傾向

前走で節分Sか新春Sを走った馬が良い

前走で節分Sか新春Sを走った馬が好成績を出しているのが特徴です。今回もロジチャリス、メドウヒルズ、フロアクラフトの3頭がそれに該当します。

先行馬を狙うべし

過去の雲雀ステークスの傾向を見ても、先行馬が一番成績が良いです。逃げだと最後の直線で疲れてしまうし、最後方で追い込みを狙ったとしても、1400という短距離なので前にいる馬の脚も急激に落ちないからです。

騎手なら石橋脩、武士沢友治に注目

石橋騎手は2011年に12番人気を3着に、武士沢騎手は2014年に11番人気を2着に導いています。今回も2名とも騎乗しているので、注目したいですね。

買うべき血統は?

東京競馬場の芝1400Mで的中率を上げるデータ」にも書いてありますが、2015年以降の最新のデータを分析した結果、芝1400では下記の馬の成績が良いです。ディープ産駒は省いていますが、もちろんディープ産駒も安定して結果を出しています。ディープ以外でという意味のリストです。

  • ゼンノロブロイ
  • キングカメハメハ
  • ローレルゲレイロ(キングヘイロー産駒)
  • アンライバルド(ネオユニバース産駒)
  • ワークフォース

ダイワメジャーやフジキセキは2015年以降で良い成績を出せていないようですが、だからといって印を消すのももったいないような気がします。この辺りはそれぞれおのお好みだと思います。

馬場が悪いときは?

日曜日は雨が降りそうな予報なので、もしかしたら馬場が悪くなる可能性があります。そんな時は、その様な馬場と相性の良い種牡馬を調べてみました。

ダイワメジャー、ネオユニバース産駒が良さそうですね。特にネオユニバースは単勝回収値が100を大幅に超えているので、おいしい馬券といえるでしょう。

馬場が悪いときに強い種牡馬

2015/1/1/から2016/2/10/までの集計データ

同時期に開催されるレースの予想

同時期に開催される他のレースの予想もしていますので、良かったらご覧下さい。

【PR】プロが買うジャパンCの3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【ジャパンC・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です