第67回ラジオNIKKEI賞(2018年7月1日)を勝手に予想してみる


7月1日に福島競馬場の芝1800mで開催される3歳重賞のラジオNIKKEI賞が開催されます。

新馬戦と山藤賞を勝ち、3連勝での重賞制覇を目指すフィエールマンプリンシパルステークスを勝ったイェッツトらが参戦予定になっています。

現時点では14頭の暫定登録になっています。

2018年のラジオNIKKEI賞の暫定出走リスト

福島芝1800mのコース解説

スタート地点は正面スタンドの少し右の辺りからで、スタートしてから最初のコーナーまでは約300mある。

1,2コーナーは平坦で、向正面になると緩やかな上り坂になっている。残り400m位から緩やかな下り坂になり、ラスト150mからまた少し上り坂がある。

最後の直線は約300mと短く、逃げ・先行馬が必然的に有利なコース形態になっている。

福島競馬場のコース図

引用:JRA

種牡馬の成績

福島競馬場の芝1800の種牡馬の成績は下記の通り。今回のメンバーの種牡馬に限定しています。

bandicam 2018-06-28 14-07-32-747

ディープインパクト産駒が安定した成績を出していますが、それ以上に回収率が良いのがダノンシャンティ産駒です。

他にもブレイクランアウト産駒やノヴェリスト産駒も成績が良いです。

回収率を意識すると、ディープインパクト産駒よりもダノンシャンティ産駒やブレイクランアウト産駒等にも注目した方が良いでしょう。

ラジオNIKKEI賞の過去の傾向

過去10年のラジオNIKKEI賞のデータ分析をしていきましょう。

人気別の成績

人気別の成績を見ると、1番人気のと2番人気は安定した結果を出しています。1,2番人気で過去10年で5勝しています。

他にも5番人気や8番人気も2勝ずつしていて、伏兵にもチャンスがあるレースといえるでしょう。

過去10年のラジオNIKKEI賞の人気別の成績

枠順別の成績

枠順別の成績では、過去10年では2枠の成績が一番良い事が分かります。しかし、外目の枠でも回収率は悪くないので、内と外での差はそれほど意識しなくても良いでしょう。

過去10年のラジオNIKKEI賞の枠順別の成績

脚質別の成績

脚質別の成績では、逃げ馬は勝ったことは無いですが、複勝率は一番高いです。

前にいればいるほど有利な複勝率になっているので、やはり後ろから競馬をする馬よりも明らかに前で競馬が出来る馬を選んだ方が良いです。

過去10年のラジオNIKKEI賞の脚質別の成績

前走レース別の成績

前走レース別の成績では、プリンシパルステークス組が安定した成績を出しています。他にも青葉賞組や1000万下クラスから来た馬も比較的成績が良い事が分かります。

過去10年のラジオNIKKEI賞の前走レース別の成績

スピード指数で比較

TARGERのZI指数で比較

TARGETのZI指数では、123のキューグレーダーがトップで、次に119のメイショウテッコン、115のフィエールマン、114のラムセスバローズ、113のケイティクレバーという指数の順番になっています。

TARGETのZI指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズでは、フィエールマンが2,9倍で1番人気予想になっています。

2番手以下はイェッツトメイショウテッコンケイティクレバーキューグレーダーキボウノダイチエイムアンドエンドという順番になっています。

2018年のラジオNIKKEI賞の予想オッズ

まとめ

いよいよ夏競馬の季節になりました。暫くG1開催が無いのが寂しいですが、重賞自体は毎週あるので、今回もしっかり考えて予想してみたいと思います。

レース前までには結論だしたいと思います。

馬券戦略

※レースが終了しましたので、有料メルマガコンテンツを下記にそのまま貼り付けます。

=============ここから==========================

みなさんこんにちは。関東地方は梅雨明けし、本格的に暑い日がやってきました。夏競馬もいよいよ始まりました。

今回はハンデ重賞のラジオNIKKEI賞を予想してみたいと思います。馬券は三連複フォーメーションにします。

最終的な印は下記の様になりました。

    ◎2.メイショウテッコン
    〇3.キューグレーダー
    ▲5.ケイティクレバー
    ▲10.イェッツト
    △1.ロードアクシス
    △6.フィエールマン
    △8.エイムアンドエンド
    △11.シセイヒテン

本命はメイショウテッコンに。逃げ馬でこの枠順でなら3着以内は十分チャンスだと思い、本命にしました。フィエールマンがあっさり勝ってしまう可能性もありますが、この馬はスタートが下手に見えますし、今まで戦ってきた相手も正直微妙な印象で、1番人気なら逆に△にした方が良いかなぁと思ってフィエールマンは△です。

対抗はキューグレーダーで、▲の2頭も馬券のチャンスが高いと思って印を付けました。

馬券の買い目は三連複フォーメーションで、2-3.5.10-1.3.5.6.8.10.11(15点)を各600円ずつで9000円で勝負したいと思います。

できれば人気薄の△が1頭馬券に絡んでくれれば有りがたいのですが、果たしてどうなるでしょうか。

皆さんも良かったら参考にしてみて下さい。

=============ここまで==========================

予想結果とレース回顧

※7月1日22時更新

本日ラジオNIKKEI賞が終了しました。結果的には本命にしたメイショウテッコンが見事に勝ってくれたのですが、3着になったキボウノダイチを無印にしていたので、三連複馬券は外れてしまいました。

メイショウテッコンのスタートはイマイチの様に見えたのですが、サイトの直線でしっかりと伸びて勝ってくれました。2着のフィエールマンも4コーナーでは馬券に絡まないのかなぁと思ったのですが、最後の直線の伸びは素晴らしかったと思います。

しかし、この馬はスタートに難有りという事で、今後も勝てるレースの取りこぼしがありそうな予感です。

今後、このフィエールマンが出走してきたら、2着付けとか3着付けで三連単を買うのも良いかもしれません。

さて、最近的中していませんので、そろそろ的中させたいと思います。また来週も頑張ります。

 

【PR】プロが買う中京記念の3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【中京記念・最終結論!】



1件のコメント

  1. ^^
    今回も見応えあるレースでした
    最終的に予想が当たるのは運だと思います
    ドラゴンさんの予想はいつ”当たってもおかしくない”レベルであると思いますので焦らずともその時は来るかと^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です