第54回七夕賞(2018年7月8日)を勝手に予想してみる


7月8日に福島競馬場の芝2000mで開催される七夕賞のデータ分析予想をしていきたいと思います。

今回は12頭の出走予定になっています。福島民報杯を制したレイホーロマンスや、福島牝馬ステークスを勝ったキンショーユキヒメ等が出走予定になっています。

2018年の七夕賞の出馬表

福島競馬場の芝2000のコース解説

福島の2000mのスタート位置は4コーナーのポケットからで、最初のコーナーまでは約500mと長い。

平坦小回りコースなので、先行脚質なら内枠の方が良いと思いますが、最初のコーナーまでが長いので、枠順の影響はそれほど多くない。

最後の直線は約300mと短いので、後ろからの追い込みでは1着になるのは展開の利が必要になる。

福島競馬場のコース図

引用:JRA

種牡馬の傾向

今回のメンバーの種牡馬に限定し、福島競馬場の芝2000mの種牡馬別の成績も下記に記しました。

福島芝2000mの種牡馬別の成績

特別に強い種牡馬が今回はいないようですが、回収率を基準にするとタニノギムレットマンハッタンカフェ産駒等が注目だと思います。

七夕賞の過去の傾向

過去10年の七夕賞のデータを見ていきたいと思います。

人気別の成績

人気別の成績では、過去10年で1番人気が3勝で勝率3割、複勝率が6割と高い確率で馬券に絡んでいます。

回収率も100を超えているので、1番人気は馬券に入れた方が良いと思います。

過去10年の七夕賞の人気別の成績

枠順別の成績

枠順別の成績では、大きな偏りはありません。過去10年の七夕賞では、1わくから8枠まで全てが1勝以上しています。

複勝率は4枠が一番良さそうですが、基本的に枠順はあまり意識しなくても良いと思われます。

過去10年の七夕賞の枠順別の成績

脚質別の成績

脚質別のデータでは、逃げや先行馬が連対率や複勝回収率も安定したデータになっています。

後方からよりも、先行脚質の馬を軸にした方が良いと思います。頭数も多くないので、レースペースもそれほどハイペースにはならないと思うので、先行馬を軸に考えるべきだと思います。

過去10年の七夕賞の脚質別の成績

前走レース別の成績

前走レース別の成績では、鳴尾記念組の勝率や連対率が高いです。しかし、今回は前走鳴尾記念組がいません。

今回は、マーメイドステークス組やエプソムカップ組が複数いますが、回収率ではマーメイドよりもエプソムカップ組は逆に狙いづらいデータになっています。

過去10年の七夕賞の前走レース別の成績

年齢別の成績

年齢別の成績では、若い馬ほど良い成績なのが分かります。特に4歳馬の勝率や複勝率が高いです。今回はプラチナムバレットの1頭が4歳馬として参戦します。

ただし、回収率ベースだと4歳馬よりも5歳馬の方が良いという考え方もあります。

過去10年の七夕賞の年齢別の成績

斤量別の成績

斤量別では、52キロと軽量なハンデの馬も人気薄で勝ったりしているので、斤量が軽くてあまり人気が無い馬も注意が必要でしょう。

しかし、一番勝率が高いのは57キロを背負っている馬で、複勝率や回収率も高いです。強い馬は斤量が重いですが、自力があるのでハンデ戦でも十分勝利のチャンスが有りというデータです。

過去10年の七夕賞の斤量別の成績

スピード指数で比較

TARGERのZI指数で比較

TARGETの指数では、122のサーブルオールワンブレスアウェイの2頭がトップで、次に118のマイネルサージュ、115のレイホーロマンス、111のキンショーユキヒメという順番になっています。

TARGETのZI指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズです。現時点ではサーブルオールが3.1倍で1番人気予想になっており、次にキンショーユキヒメプラチナムバレットマイネルサージュレイホーロマンスワンブがレスアウェイマイネルフロストという順番になっています。

七夕賞の予想オッズ

まとめ

今回は天気予想も注意が必要で、当日の馬場がどのような状態なのかも大切だと思います。基本的には先行脚質の馬を軸に馬券を組み立てたいと考えています。

12頭と少なめの頭数なので、三連単にするか思案中です。

馬券戦略

※レースが終了しましたので、有料メルマガコンテンツを下記にそのまま貼り付けます。

=============ここから==========================

みなさんこんにちは。ここ数日の雨で、開催地域で多くの死者が出てしまったようで残念なニュースが続いています。

そんな事もあって、競馬をやる気持ちに無いのが正直な気持ちなのですが、今回の七夕賞の印と買い目を発表してみたいと思います。

最終的な印は下記の様になりました。

    ◎3.マイネルフロスト
    〇10.レイホーロマンス
    ▲6.サーブルオール
    ☆5.マイネルサージュ
    △1.プラチナムバレット
    △2.キンショーユキヒメ
    △7.ワンブレスアウェイ

本命はマイネルフロストに。オッズを見て決めた部分もありますが、コース形態を考えると先行脚質なので、3着以内に残ってくれる事を期待しての本命です。

本当はサーブルオールを軸にするのが無難だと思いますが、今回は頭数の少なめのレースで、配当面でも多くを期待できなさそうなので、どうせだったら伏兵を軸にしようと思いました。

馬券の買い目はマイネルフロストの三連単1頭軸マルチで、他の印の6頭に流して90点の買い目を書く100円で買います。

具体的な買い目は、三連単で3-1.2.5.6.7.10(90点)にします。

現時点でのオッズでは買い目の馬券で一番人気でも100倍以上あったと思うので、もし的中すればトリガミは無いと思います。

皆さんも良かったら参考にしてみて下さい。

=============ここまで==========================

予想結果とレース回顧

※7月8日16時更新

さきほど七夕賞が終了しました。結果的には本命にしたマイネルフロストが見せ場無く敗れ、馬券を外してしまいました。

勝ったのは4番のメドウラーク。3着にもパワーポケットが入選した事で、三連単は200万超えの馬券になりました。

三連複でも30万弱という、高額配当のレースとなりました。メドウラークとパワーポケットは完全にノーマークだったので、今回は全く予想が当たりませんでした。

こんな馬券を的中出来る人がいたら、まさにギャンブラーですね。

気を取り直して、来週頑張りたいと思います。

 

【PR】プロが買う中京記念の3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【中京記念・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です