長篠ステークス(2018年1月28日)を勝手に予想してみる


1月28日の中京のメインレースの長篠ステークスのデータ分析をしてみたいと思います。

1600万下クラスの混合定量戦になります。現時点では13頭の登録があります。

2018年の長篠ステークスの暫定出走表

中京競馬場芝1200mのコース解説

中京の芝1200はスタート地点が2コーナーを過ぎて100m程進んだ地点。このスタート位置から約120mは緩やかな上り坂になっており、そのあと下り坂になっていく。

3,4コーナーは全て下り坂で、最後の直線に中山競馬場に次ぐ急勾配の上り坂がある。

中京競馬場のコース立体図

レースペースに関しては、比較的速いペースになりがちで、他の競馬場よりも差し馬の台頭が多いのが特徴。1200mという短距離なので、逃げ馬や先行馬が有利な事は変わりないが、コース特性上、他の競馬場よりは差し馬がくる事がある。

枠順別の傾向

枠順別の傾向では、比較的内枠が有利。複勝率や連対率を比較しても、外枠になると厳しいデータになっている。

中京競馬場1200mの枠順別の成績

2015年以降のデータ

血統の傾向

今回の出走メンバーの種牡馬に限定し、中京競馬場芝1200mのデータをご覧下さい。

一番勝率が高いのが、ヨハネスブルグ産駒で14.3%の勝率になっています。単勝回収率も100を超えているので、要注意の血統だと思います。

今回のメンバーの中で、ヨハネスブルグ産駒はリッパーザウィンの1頭ですが、これはかなり人気薄の馬になりそうなので、取捨が難しいですね。

中京1200mの種牡馬別の成績

2015年以降のデータ

他にも、連対率や複勝率が高く、回収率も高いのがキンシャサノキセキ産駒です。

今回のメンバーの中では、サダムリスペクトがキンシャサノキセキ産駒になります。

スピード指数で比較

TARGERのZI指数で比較

ZI指数の比較では、アルマエルナトオーヴィレールの2頭が125でトップの指数になっています。

次に124のアドマイヤナイト、116のダイメイプリンセス、111のナインテイルズと続いています。

TARGERのZI指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズでは、クインズサリナが1番人気で、次にアドマイヤナイト、オーヴィレール、ダイメイプリンセス、アルマエルナト、タイセイスターリーという順番の予想オッズとなっています。

長篠ステークスの予想オッズ

まとめ

予想オッズを見ても、混戦メンバーの様相を呈している感じです。

1600万下クラスを勝った事があるのはオーヴィレールだけで、あとはこのクラスでは未勝利の馬ばかり。

1600万下クラス別の成績

出走頭数が多くないので、もし馬券を買うのであれば三連単で買おうと思案中です。

これらのデータを見て、皆さんも良かったら参考にしてみて下さい。

馬券戦略

※重賞レース以外のレースでは買い目は未公開です。

【PR】プロが買う中山記念の3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【中山記念・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です