競馬で勝つ為には心理戦に勝利する心構えが必要


競馬で勝つためには、ただ闇雲に思いつきで馬券を買っていても勝ち続けることは出来ないと思います。

宝くじ等は自分の能力ではどうしようもないですが、競馬で長期的に利益を出すには人間の深層心理を理解し、他の馬券購入者との心理戦に勝つ必要があります。

戦う相手は誰なのか?

私たちは馬券を購入する際は、JRAが発行している馬券を購入します。JRAにお金を払い、的中するとJRAから払い戻しを受けます。

的中すれば配当によっては1000円が数万円になって戻って来る場合も少なくありません。払い戻しを受けたときは、 JRAからお金をもらったような感覚になりますが実際は違うのです。

JRAは馬券を購入した人たちからお金を集めて、控除率という名の手数料を差し引いて、的中した人たちに残りのお金を分配する役割を担っています。

要するに、的中して払い戻しを受けたお金は、自分以外の人たちが購入したお金なのです。つまり、私たちの本当の敵は馬券を購入している人たちなのです。

競馬の世界に限らず、あらゆる世界に共通することは、勝利する者の割合はわずかで敗者の割合が圧倒的に多いのです。

競馬の世界も同じで、大勢の人たちと同じ行動をしてはいけないのです。大勢の人たちと同じ行動をすると言う事は、負け組になる事と同じ意味なのです。

勝ち組になるには、普通とは違う考え方をして行動しなければなりません。

大勢の人が予想しないような事を予測し、実行する事が出来る人のみが勝ち組になれるのです。

馬券を購入する際にもその考え方が重要で、1番人気や2番人気の馬ばかりを購入することは得策ではありません。

競馬は人気馬だけを買い続けても損をする」をご覧頂くと分かると思いますが、そのような人気の馬ばかりを購入することは、的中率自体は高いですが、長期的な回収率という観点から見るとやはりおすすめできないです。

大勢の人が予想しないような馬券を購入することが大切だと思います。

だからといって、大穴ばかりを狙っても逆に良くありません。大穴馬券は一度的中するととてつもない爆発力がありますが、的中率が非常に低いので競馬をやる楽しみが薄れてしまいます。

1番現実的な方法は、中穴狙いで馬券を購入するのが良いと思います。人気の馬と比較的人気が薄い馬を絡めた馬券だと、配当も比較的良いし的中率もそれほど低くありません。

他の人と違う事をする勇気が大切

長期的な回収率を上げるには、大勢が考えることと逆の考え方を実行することが大切ですが、それを行うには初心者にはかなり難しいと思います。

競馬に慣れていない人が人気の薄い馬の馬券を買う事はかなり勇気が要ります。私も初心者の頃は、1番人気や2番人気の馬の馬券をたくさん購入していました。

的中率が高いですが、やはり回収率が一向に上がらないのです。

競馬で勝つための考え方が備わってくると、徐々に1番人気や2番人気以外の馬を本命にする事が出来る様になってきます。

馬券を購入する他の人たちの心理を読み、その逆を行く勇気を持ち続けることがとても重要だという事が徐々に分かってくるでしょう。

イメージすれば簡単に分かると思いますが、大勢の人と同じ方向に行っても、分配されるお金はみんなに配られるので一人当たりの金額は少ないのです。

沢山のお金を狙う場合は、あまり人が行かない方向に行くことによって、当たった時の1回あたりの分配金が高額になるように自分で仕掛ける事も重要だと思います。

【PR】プロが買うジャパンCの3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【ジャパンC・最終結論!】

【PR】プロが買うジャパンCの3連単が知りたくありませんか??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です