第92回中山記念(2018年2月25日)を勝手に予想してみる


2月25日に中山競馬場の芝1800mで開催されるG2の第92回中山記念が開催されます。

今年は10頭立てのレースとなりました。昨年のマイルチャンピオンシップを勝ったペルシアンナイトやドバイで勝ったヴィブロス等が参戦します。

中山記念の出走表

中山芝1800mのコース解説

中山の1800は内回りコースを使用。スタートはメインストレートの急坂の手前からで、最初の1コーナーまでは約200mと短い。

最後の直線も300m余りと短く、先行馬が有利なコースといえる。

中山競馬場のコース立体図

引用:JRA

種牡馬の傾向

中山1800mの種牡馬別の成績の傾向は下記の通り。今回の出走メンバーの種牡馬に限定しています。

ディープインパクト産駒が近年強さを発揮していて、次にマツリダゴッホキングカメハメハステイゴールド産駒も良い傾向にあります。

種牡馬別の成績

中山記念の過去の傾向

人気別の成績

人気別の成績を見ると、1番人気から3番人気の馬が3勝ずつしてして、過去10年では人気馬が勝つ傾向が強いレースといえます。

過去の中山記念の人気別の成績

枠順別の成績

枠順は基本的に内枠の方が有利なデータになっています。コース形状を考えても、内枠の方が良いと思います。外枠の馬も勝ってはいますが、回収率を見ると内枠の馬を重視したくなるようなデータになっています。

過去の中山記念の枠順別の成績

脚質別の成績

脚質は逃げ馬は勝っていないですが、複勝回収率が高いので、やはり前で競馬をする馬が有利なのは間違いなさそうです。

しかし、今回は10頭立てなので、後ろからの競馬になってもそれほど問題ないのではないかという考え方も出来ます。

過去の中山記念の脚質別の成績

上がり3Fのタイム別の成績を見ると、上がり最速の馬の成績が非常に良い事が分かります。回収率も高く、切れ味で勝負できそうな馬にもチャンスはありそうです。

前走レース別の成績

前走レース別の成績では、前走で有馬記念組が2勝、他には天皇賞・秋や中山金杯、東京新聞杯等を使ってきた馬が勝っています。

過去の中山記念の前走レース別の成績

スピード指数で比較

TARGERのZI指数で比較

ZI指数ではペルシアンナイトが135でトップ、129のヴィブロス、128は2頭でウインブライトとアエロリットという順番になっています。

TARGERのZI指数で比較

netkeiba.comのスピード指数で比較

netkeiba.comさんの指数では、ペルシアンナイトの118がトップで、113のウインブライト、112のアエロリット、110のマイネルサージュという順番になっています。

netkeiba.comのスピード指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズでは、ペルシアンナイトがトップで、ウインブライトアエロリットヴィブロスサクラアンプルールマイネルハニーという順番になっています。

中山記念の予想オッズ

まとめ

10頭立てという少し寂しい頭数になってしまいましたが、メンバーは中々豪華。強い4歳世代も参戦しますし、ドバイターフを勝ったヴィブロスもいます。逃げ馬のマルターズアポジーマイネルハニーのペースの推測がこのレースの予想のポイントになりそうです。

馬券戦略

※2月25日12時更新

今回の中山記念はペルシアンナイトの取捨ですが、やはり休み明けだったとしてもペルシアンナイトは4歳世代の上位ランクなので、素直に本命にしました。ウインブライトよりも力は1ランク上だと思っています。

最終的な印は下記の通りです。

  • ◎④ペルシアンナイト
  • 〇⑥マイネルハニー
  • ▲⑤ウインブライト
  • ☆⑩アエロリット
  • △③ヴィブロス
  • △⑦ディサイファ
  • △⑨ショウナンバッハ

馬券の買い目は三連単フォーメーションで、④-⑤⑥⑩-③⑤⑥⑦⑨⑩(15点)と⑤⑥⑩-④-③⑤⑥⑦⑨⑩(15点)の30点を各500円ずつの合計15000円で勝負です。

良かったら皆さんも参考にしてみて下さい。

予想結果とレース回顧

※2月26日12時更新

昨日中山記念が終了しました。結果的には本命にしたペルシアンナイトが出遅れも影響して敗れてしまい、馬券は外してしまいました。

ゲートで出遅れた瞬間に嫌な予感がしたのですが、その予感が当たってしまいました。

来週また出直して頑張ります。

【PR】プロが買う宝塚記念ーの3連単が知りたくありませんか??
【PR】 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫ の【宝塚記念・最終結論!】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です