第68回 毎日王冠(2017年10月8日)を勝手に予想してみる


10月8日に東京競馬場の芝1800mで開催される第68回 毎日王冠のデータ分析をしてみたいと思います。

今年は昨年のダービー馬のマカヒキ、近年不調ですが、2014年のダービーを制した湾アンドオンリー、ドバイターフを勝ったリアルスティール、安田記念で印象的な走りを見せたグレーターロンドン等が出走を予定しており、非常に楽しみなレースとなりそうです。

現時点では12頭が出走を予定しています。

2017年の毎日王冠の暫定出走表

毎日王冠の過去の傾向

毎日王冠の過去の傾向を見ていきましょう。

毎日王冠の過去の傾向

人気薄も馬券に絡む

過去5回の毎日王冠の結果を見てみると、二桁人気の馬も3着以内に絡んでおり、決して固いレースでもなさそうです。

特に2番人気の馬は過去5年で1頭も馬券に絡んでいません。

牝馬の連対100%

過去10年の毎日王冠では牝馬は3回出走しています。昨年のルージュバック、2008年と2009年のウォッカで、全て連対しています。

強そうな牝馬が出来てきたら、軸に指名しても良いかもしれません。

今回は3歳牝馬の最強クラスのソウルスターリングが出走を予定します。予想オッズでも1番人気になっているようなので、馬券に絡む確率は高いかもしれません。

ソウルスターリングは5月のオークス以来の休み明けになりますが、ルージュバックウォッカも6月から休養開けで好結果を出しているので、それほど気にする必要は無いかもしれません。

他の馬もほとんど休み明けですし、秋に1回使っているのはアストラエンブレムだけです。

ただし、ルージュバックウォッカも4歳以降の参戦で、3歳牝馬は過去10回の毎日王冠で初めての挑戦なので、初めての古馬との対戦という部分では少しだけ気になる所です。

若い馬が有利

年齢別の成績を見てみると、3歳馬の成績が一番良い事が分かります。回収率も100を超えているので、若くて勢いのある馬を主軸にしても良いと思います。

若い馬は斤量も有利になるので、そういう事も影響していると思われます。

過去10回の毎日王冠の年齢別の成績

ディープインパクト産駒はイマイチ?

下記は過去10年の毎日王冠の種牡馬別表です。

過去10年の毎日王冠の種牡馬別の成績

上のデータを見ると、ディープインパクト産駒は過去10年で1勝と意外と勝率が良くありません。

回収率も高くなく、過剰人気気味の馬が多いというデータの様です。

東京芝1800mの種牡馬別の成績

毎日王冠に限らず、東京芝1800mの種牡馬別の成績も見てみましょう。今回出走する馬の種牡馬で、尚且つ重賞レースに限定したデータになっています。

東京芝1800mの種牡馬別の成績

2014年以降の重賞レース

重賞レースで見れば、やはりディープインパクト産駒は全体的な成績は良い事が分かります。

毎日王冠とディープインパクト産駒の相性はイマイチでも、血統を予想ファクターのメインにする人は、ディープインパクト産駒は消しにくいでしょう。

スピード指数で比較

2つのスピード指数で比較してみましょう。

TARGETのZI指数で比較

TARGETの指数を見てみると、ソウルスターリングが139でトップの指数になっています。

次に133のサトノアラジン、131のアストラエンブレムという順番になっています。

TARGETのZI指数で比較

KLANのスピード指数で比較

KLANの指数では、99を出しているマカヒキがトップの指数で、次に98を出しているサトノアラジン、96のリアルスティール、95のグレーターロンドンという指数になっています。

KLANのスピード指数で比較

予想オッズ

netkeiba.comさんの予想オッズでは、ソウルスターリングが1番人気になっています。

2番人気はグレーターロンドンマカヒキリアルスティールサトノアラジンと続いています。

毎日王冠の予想オッズ

まとめ

牝馬や斤量の軽い3歳の成績が比較的良い事から、ソウルスターリングが1番人気になっています。

初めての古馬との対戦ですが、今までの戦いぶりを見ると、十分通用するのではないでしょうか?

あとはグレーターロンドンも才能という部分ではソウルスターリングと大差無いように思えるので、この馬も是非買いたいと思っています。

他には、サトノアラジンも気になります。今回は多くても12頭という事で、レースはゆったりスローペースになり、最後の直線で切れ味を生かせそうな展開になると思うので、サトノアラジンも馬券圏内に届いてくる可能性も十分だと思います。

マカヒキリアルスティールの取捨に迷いますが、レースまでにじっくり考えたいと思います。

出走頭数が少なめという事は、配当もあまり付きそうにないので、人気のある馬も1頭から2頭を消した予想にしたいと思います。

馬券戦略

※10月8日0時更新

日曜日の毎日王冠のレースの頃には馬場も回復し、良馬場でできそうな雰囲気です。

土曜日の馬場も思ったほど悪くないし、開幕週という事で内枠の先行馬には有利な状況に見えます。

過去10回の毎日王冠でも牝馬の連対率は100%なので、ソウルスターリングを素直に本命にしたいと思います。

最終的な印は下記の通りです。

  • ◎①ソウルスターリング
  • 〇⑦グレーターロンドン
  • ▲②マカヒキ
  • △④アストラエンブレム
  • △⑧リアルスティール

馬券の買い目はソウルスターリンググレーターロンドンの2頭軸マルチの三連単で、①⑦-②④⑧の18点で厚めに勝負しようかと思います。

牝馬最強クラスのソウルスターリングディープインパクト産駒等を中心にした馬券構成です。

サトノアラジンは思い切って無印に。斤量面と距離面で割り引きました。今回は人気馬ばかりに印を打っているので、少なめの頭数で勝負です。

皆さんも良かったら参考にしてみて下さい。

予想結果とレース回顧

※10月9日19時更新

昨日は更新できずに1日遅れになってしまいました。

本命にしたソウルスターリングはまさかの惨敗で、馬券もかすりもせず・・。

今まで牝馬が連対100%だったのですが、3歳と古馬の力差を感じてしまったレースでした。

リアルスティールはお見事で、グレーターロンドンも素質の高さを改めて感じる事が出来ました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です