第52回 フローラステークス(2017年4月23日)を勝手に予想してみる


4月23日に東京競馬場で開催される第52回フローラステークス(G2)の予想をしてみたいと思います。

このレースで3着以内になった馬には、オークスへの優先出走権が与えられます。この中から今年のオークスを制する馬がもしかしたら出るかもしれませんね。

現時点では、22頭の出走登録があります。

2017年のフローラステークスの暫定出走リスト

フローラステークスの過去の傾向

フローラステークスの過去の傾向を見ていきましょう。

フローラステークスの過去の傾向

直近5回のフローラステークスでは、2014年を除いて4回は1番人気から3番人気の馬のうち2頭が馬券に絡んでいます。

しかし、もう1頭は人気薄の馬も1頭馬券に絡んでいる事が多いです。

昨年も13番人気のアウェィクが3着に入り、20万超えの三連単配当を演出しました。

前評判の高い2頭と人気薄の1頭の組み合わせで馬券を買っても面白いかもしれませんね。

過去10年の枠順別成績

過去10年の枠順別の成績です。

連対率と複勝率が高いのが3枠で、直近5回のフローラステークスでは、必ず3番枠が馬券に絡んでいます。

過去10年の枠順別成績

東京の2000mはスタートして、すぐに左コーナーになるので内枠過ぎるのも包まれて良くないのですが、3枠くらいのポジションが丁度良い枠順なのかもしれません。

過去10年の脚質別の成績

脚質別の成績も見てみましょう。

過去10年の脚質別の成績

東京の2000mで逃げ切るのは中々大変で、過去10年のフローラステークスでも2着はありますが、逃げ馬が勝つのは難易度が高いです。

一番良いのは、先行脚質で好位の位置取りが出来る馬が優位になるでしょう。

種牡馬別の成績

次に種牡馬別の成績です。今回のフローラステークスに登録している馬の種牡馬に限定したデータを抽出しています。

データは2枚あり、1枚目が2014年以降の東京の芝2000mの全レース、2枚目は1枚目のデータから牝馬に限定したデータになります。

種牡馬別の成績

2014年以降の全レース

種牡馬別の成績

2014年以降の牝馬の成績

2014年以降では、ステイゴールドディープインパクト産駒が10勝以上していますが、スズカマンボ産駒も勝率と回収率はかなり良くなっています。

牝馬に限定した場合は、今回のメンバーの種牡馬の中ではマンハッタンカフェ産駒の勝率がステイゴールドよりも上回ります。

前走のクラス別の成績

前走のレースクラス別の成績も見てみましょう。

前走のクラス別の成績

前走で重賞を走ってきた馬は全体的に信頼度が高いです。特にG3を使ってきた馬が良い傾向にあります。

他にも未勝利や500万下クラスを勝ってきた馬でも勝率は悪くないので、前走で未勝利戦や500万下の下級条件を強い勝ち方をしてきた馬にも注意が必要でしょう。

前走の上がり3ハロン別の成績

前走のレースで最速の上がりを使ってきた馬は、このフローラステークスでは14%以上の勝率があり、回収率も高いです。

前走の上がり3ハロン別の成績

前走の上がり3ハロンの順位別の成績

前走の着順別の成績

前走上がり最速の馬のその時の着順別の成績

さらに、上のデータは前走上がり最速の馬のそのときのレースの着順別の成績です。

つまり、前走で上がりが最速の馬で2着以内の馬はかなり信頼度が高くなるデータになっています。

フローラステークスで1着になる馬は、このデータに当てはまる馬から出てくる可能性が高いかもしれません。

この条件に当てはまる馬は下記の3頭が該当します。

  • アンネリース
  • ドリームマジック
  • ホウオウパフューム

スピード指数で比較

ここからはスピード指数で比較してみましょう。

TARGETのZI指数で比較

TARGETの指数では、118を出しているアンネリースが1番高い指数になっています。

次に117を出しているフローレスマジック、115のレッドミラベルアドマイヤローザ、113のホウオウパフュームという順番になっています。

TARGETのZI指数で比較

KLANのスピード指数で比較

続いてKLANの指数です。画像では18頭分しか写らないので、一部のデータが見えないのでご了承下さい。

KLANのスピード指数で比較

KLANの指数が一番高いのは78と出しているディーパワンサ、続いて77を出しているフローレスマジックアロンザモナ、76を記録しているアンネリースビルトレジャームーンザムーンとなっています。

予想オッズ

netkeiba.comさんの月曜日時点での予想オッズになります。

フローラステークスの予想オッズ

現時点ではフローレスマジックが1番人気で、次にホウオウパフューム、アドマイヤローザと続いています。

まとめ

フローラステークスの最近の傾向では、3番人気以内の馬はかなりの確率で馬券になっており、しかも3番人気のうち、2頭が3着以内になる事も多いです。

しかし、あとの1頭は人気薄の複穴が絡んでくる事があるので、人気2頭プラス穴馬の組み合わせで考えると良いと思います。

種牡馬別の成績を参考にしながら、前走で上がり最速&2着以内になった馬などを狙うと良いかもしれません。

馬券戦略

※4月22日23時更新

オークスのトライアルレースですが、このレースも難しそうなイメージです。ホウオウパフュームも強そうですが、今のオッズではなかなか本命にはしづらいと思っています。

戦ってきたメンバーを評価して、フローレスマジックの方を本命にしようと思います。

今回の印は以下の通りです。

  • ◎⑭フローレスマジック
  • 〇⑥タガノアスワド
  • ▲②ザクイーン
  • ▲④レッドミラベル
  • ▲⑪ビルズトレジャー
  • △⑤ホウオウパフューム
  • △⑦ヤマカツグレース
  • △⑮ニシノアモーレ
  • △⑯レッドコルディス

ホウオウパフュームが2倍台の人気を被るなら、フローレスマジックを買いたいと思い本命にしました。

〇のタガノアスワドファンディーナには敗れてはいますが、相対的には上位の馬だと思っているので、展開が向けばチャンス有りだと思います。

今回は三連複フォーメーションで、⑭-②④⑥⑪-②④⑤⑥⑦⑪⑮⑯(22点)で勝負したいと思います。

良かったら参考にしてみて下さい。

予想結果とレース回顧

※4月23日16時更新

先ほどフローラステークスが終わりました。結果的にはノーマークだったモズカッチャンが勝ちました。

スローペースだったので、後ろからは厳しい結果になり、本命のフローレスマジックはレースペースを考えれば、とても良い位置で競馬が出来ました。

そのおかげで3着に残ることが出来たのですが、モズカッチャンが来てしまったので、馬券はハズレてしまいました。

それにしても、三連複が予想外に安いですね。。

今週は全然良い所無く終わった週末・・・来週の天皇賞は的中出来るように頑張ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です