第33回エプソムカップ(2016年6月12日)を勝手に予想してみる


2016年6月12日に東京競馬場の芝1800mで開催される、第33回エプソムカップ(G3)の予想をしてみたいと思います。

現時点では下記の19頭の登録になっています。先日のヴィクトリアマイル5着のルージュバックや、新潟大賞典2着のフルーキー等の有力馬が参戦予定になっています。

それでは、様々なデータを活用しながらデータ分析してきましょう。

第33回エプソムカップの暫定出走リスト

エプソムカップの過去の傾向

下の画像は過去5年のエプソムカップのデータです。

まずは、毎年必ず人気馬が1頭か2頭が来ていて、人気薄の馬は基本的にあまり絡まない傾向のレースになっています。

2012年には3着にマイネルスターリーが来て、三連単で14万馬券になりましたが、それ以外では三連単の配当は5万円以下になっています。

エプソムカップの過去の傾向

内枠が有利な傾向

過去5年のエプソムカップでは、馬券に絡んだ15頭のうち、10頭が1枠から3枠の馬でした。具体的には1枠が2頭、2枠と3枠がそれぞれ4頭ずつ馬券に絡んでいます。

やはり内枠でロス無く立ち回れる位置にいる事が大切なレースといえます。

エプソムカップはディープインパクト産駒が中心

基本的に東京競馬場ではディープインパクトが強のですが、エプソムカップの過去の傾向でも強いです。過去5年のディープインパクト産駒は(3-2-1-5)で複勝率が5割を超えています。

昨年のレースも3着以内になった馬はすべてディープインパクト産駒でした。

ちなみにディープインパクト以外ではダンスインザダーク産駒も相性の良いレースといえます。

今回、ディープインパクト産駒は下記の5頭がいます。

  • アルバートドッグ
  • エキストラエンド
  • エックスマーク
  • ヒストリカル
  • ラングレー

エプソムカップ出走馬の血統表

前走の出走したレースでは読売マイラーズカップか、都大路ステークス

過去5年では、前走に読売マイラーズカップを走った馬の成績が、(2-1-1-4)と複勝率5割と相性の良さがあります。次に相性が良いのは、都大路ステークスです。

この2つのレースを走った馬は今回下記の3頭が該当します。

  • アルバートドッグ(読売マイラーズカップ5着)
  • エキストラエンド(読売マイラーズカップ9着)
  • ラングレー(都大路ステークス3着)

先行や差し馬が有利

東京コースで直線が長いので、逃げ馬よりも差し馬や先行馬が有利な傾向があります。追い込み馬でも可能性がありますが、もしスローペースになったりすると、末脚自慢でも届かない事があるので、内枠の中団辺りで競馬できるのが理想かもしれませんね。

東京1800Mに強い血統は?

次に2014年から2016年6月までの東京競馬場芝1800mの種牡馬別の成績表を見ながら分析してきましょう。

父系の血統

下のデータをご覧頂くと分かりますが、やはりディープインパクト産駒の強さが際立ちます。その他には、キングカメハメハハーツクライゼンノロブロイ産駒なども期待できます。

東京芝1800Mの種牡馬別成績表

他には、28位のメジロベイリー産駒も穴候補として注目してほしいです。複勝率4割なので悪くないのではないでしょうか?

今回の出走馬もアルマディバンがメジロベイリー産駒として登録されています。

母系の血統

次に母父のブルードメアサイアー別に見てみましょう。

下のデータで私が注目したのは、ストームキャットの成績です。勝率や複勝率が高いので気になります。他にもサクラバクシンオーの成績も良いです。

東京芝1800mのブルードメアサイアーの成績表

今回の出走馬の中で、母父にストームキャットかサクラバクシンオーを持つ馬は下記の3頭です。

  • メイショウヤタロウ(ストームキャット)
  • ラングレー(ストームキャット)
  • ショウナンバッハ(サクラバクシンオー)

スピード指数で比較

次に2つのスピード指数のデータを用いて分析していきましょう。

TARGETのZI指数で比較

まずは、有料競馬ソフトのTARGETでのスピード指数(ZI指数)を見ていきましょう。

今回の19頭の登録馬の中で一番数値が高いのは、125のフルーキーです。次に高いのは124のロジチャリス、122のルージュバックと続いています。

基本的にこの様なスピード指数が高い馬は当日のオッズでも人気になる傾向があるので、注目しておいて下さい。

TARGETによるZI指数のデータ

KLANのスピード指数で比較

続いては、KLANという競馬データベースサイトの有料プランで見る事が出来るスピード指数の比較です。

設定では指数が88以上のレースを反転するようにしています。このデータを見ると、最も高い数値を出しているのが、ショウナンバッハの93です。

他にもフルーキーはコンスタントに高い数値を出していますし、エックスマークの92も要注意な数値だと思います。

皆さんもこの2つのスピード指数を見ながら、予想の参考資料にして下さい。

KLANによるスピード指数の比較

レースペースはどんな感じになる?

TARGETで過去10年のエプソムカップのレースペースを分析した結果、過去10年での平均RPCIは「51.3」でした。

これは前半と後半のペースがあまり変わらないタイムで走るレースだと思います。

細かく言うと、最後の直線になる前の3コーナー辺りでは一度ペースが緩む事があり、そこで脚を溜める馬もいるので、末脚の速さを持っている馬が有利だと思います。

上がりタイムの成績

下のデータは、近5走の上がりタイムの成績です。色が薄くなっていない部分は、そのレースで上がりタイム3位以内で走ったレースです。

その中で、アルバートドッグ、フルーキー、サトノギャラント、ラングレーなどの上がりタイムが速い印象を持ちます。

出走馬の上がり3ハロンのタイム成績表

特に良馬場の時は、上がりタイムの速さがある馬は上位に来る事も多いので、チェックしておいて下さい。

まとめ

過去の傾向などを総合的に分析してみると、大きな波乱が少ないレースでもあるので過去のレース実績の良い馬を中心に考えた方が良いと思います。

ディープインパクト産駒を中心に、過去のレースで上がりタイムが速く、さらにスピード指数の高い馬という観点などでピックアップすると、月曜日の時点では下記の馬が私の有力候補です。

  • アルバートドッグ(ディープインパクト産駒&上がりタイム)
  • エキストラエンド(ディープインパクト産駒&スピード指数)
  • ショウナンバッハ(スピード指数&母父にサクラバクシンオー)
  • フルーキー(スピード指数&上がりタイム)
  • ラングレー(ディープインパクト産駒&母父にストームキャット&上がりタイム)
  • ルージュバック(スピード指数&過去の実績)

以上の6頭が気になる存在です。みなさんも参考にしてみて下さい。

同時期に開催されるレースの予想

同時期に開催される他のレースの予想もしていますので、良かったらご覧下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です